モビット web完結

MENU

web完結のメリット・デメリットは?申し込む価値はあるの?

モビットにはweb完結があります。
「電話なし」「郵送物なし」そして「カードなし」のキャッシングです。
どこにメリットがあり、どんなところがデメリットになるのでしょうか。

 

■web完結はカード発行がない

消費者金融から、さらには銀行でもカードローンを利用する場合、もちろん「カードローン」というだけあってカードの発行があります。
ところがweb完結とは「ネット完結できる」ということ。
それは申し込み、契約に限らず、借り入れや返済もネット上で行えるものです。

 

申し込み→インターネットのモビットホームページから行う
審査→審査結果の連絡はメール
契約→パソコンから手続きをすることで完了
借り入れ→振込キャッシングのみ
返済→口座振替と、銀行振込のみ

 

メリットは、申し込み時にあります。
カードが発行されず、インターネット上で契約ができるため、自宅への郵送物はありません。
また、勤務先への電話による在籍確認がないことも大きな特徴です。

 

■web完結には申し込み条件がある

モビットを利用するときには、カードなしの「web完結」か、カード発行の「カード申込」、2つの申し込み方法から選択することとなります。
インターネット申し込みにするのか、電話申し込みにするのかという違いではありません。

 

どちらの申し込みから選択するのかによって、審査結果の連絡から、契約方法、借り入れや返済などの利用方法までが変わってきます。
慎重に選択しなくてはなりません。

 

またカード申込は「安定した収入がある20歳から69歳」であれば誰でも申し込みができます。
ところがweb完結はそうではありません。
申し込みをするためには条件があります。

 

その条件に当てはまっていなければweb完結申し込みではなくカード申込になります。
それでは条件を確認してみましょう。

 

指定の銀行口座
いずれか一つ
三井住友銀行口座
三菱東京UFJ銀行口座
本人確認書類
いずれか一つの写し
運転免許証
パスポート
収入証明書類
いずれか一つの写し
源泉徴収票
税額通知書
所得証明書
各精神酷暑
給与明細書直近2か月分
勤め先確認書類
いずれか一つの写し
社会保険証か組合保険証
給与明細書直近1か月分

 

これらの必要書類を用意しなくてはなりません。
そのため、20歳以上でも学生では保険証の用意が難しいなどデメリットがあります

 

■web完結は「なし」がある

通常のカードローンにあるはずの「カード」がありません。
通常の審査であるはずの勤務先への「電話連絡」がありません。
通常の契約であるはずの「自宅への契約書類、カードの郵送」がありません。

 

モビットのweb完結には通常あるはずのものがありません。

 

申し込み時に必要な手続きが軽減されることがモビットweb完結のメリットです。

 

自宅に郵送物が届かないことで、家族にバレる心配が少なくなるでしょう。
勤務先に在籍確認の電話がかかってこないことで、勤務先にバレる心配が少なくなるでしょう。

 

手続きの軽減と同時に、心理的な負担を軽くするweb完結です。

 

■web完結にデメリットはある?

審査時間は最短30分です。
しかしこれは今では消費者金融において一般的な審査時間です。
別段、審査時間も短くもなく長くもない。それではモビットweb完結のデメリットはどこにあるのでしょうか。

 

それは「カードがない」ことです。
カードレスキャッシングで、カードがないことがデメリットになるとは本末転倒と思われるかもしれません。

 

カードがない、そのためにATMを使った借り入れや返済ができません
借り入れはどのようにして行うのか気になるところでしょう。
web完結での借り入れ方法は振込キャッシングのみです。

 

申込条件にある、三井住友銀行口座か三菱東京UFJ銀行口座が振込キャッシングの受け取り口座です。
ところがこのどちらの銀行口座も24時間対応ではありません。

 

”当日振込キャッシングを行うためには平日14時50分までに手続きが完了していること”

 

これが振込キャッシングの欠点です。
平日の14時50分までに振込キャッシングの依頼手続きが完了すれば当日に振込みによる借り入れが受けられます。
それ以降の時間になると翌営業日の9時以降に入金されます。

 

今すぐ借り入れをしなければならないというとき、振込キャッシングでは対応が間に合わないことも考えられるでしょう。

 

■web完結のまとめ

利用条件に当てはまる方にとっては郵送物もなく電話もない、便利な方法になるでしょう。
カードレスで振込キャッシングであることを念頭に借入すると良いでしょう。